×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Windows2000 起動ロゴの変更


Windows98では起動ロゴは簡単に変更できましたが、Windows2000では不可能ではない物のかなりの手間が掛かります。
これは、ロゴの表示に使うビットマップデータがWINNT\system32\ntoskrnl.exeという実行形式のファイルに埋め込まれていて、C++の開発環境が無いとビットマップデータの入れ替えができない為です。

しかし、なるべく簡単に変更する方法を見つけたので、紹介します。

作業の前に、WINNT\system32\ntoskrnl.exeを必ずバックアップしてください。ロゴを標準のものに戻せなくなります。


まず、オリジナル画像を用意します。
画像サイズは、640×480、16色のビットマップである必要があります。
アニメーション領域は、高さ416〜425ピクセルの領域です。この部分が左方向へスクロールします。

ここからResource Hacker(フリー)をダウンロードしましょう。圧縮されていますので、任意の場所に解凍し、Resource Hackerを起動して下さい。
ファイル→開くでWINNT\system32\ntoskrnl.exeを読み込みます。
すると、画像のように左のウィンドウにフォルダが表示されます。

Bitmapフォルダ→1→1041を開くと、Windows2000の標準の起動ロゴが表示されます。
そして、アクション→ビットマップを置き換えるを開き、新しく開いたウィンドウのビットマップを含むファイルを開くで、最初に作成したオリジナルのビットマップを開きます。
画像のようになったら、置き換えるをクリックすると最初の画面に戻ります。この時、標準の起動ロゴが自作のものに置き換わっていると思います。

ファイル→名前を付けて保存するで、ディスクトップなどにntoskrnl.exeという名前で保存してください。



《画像が多いので次のページへ》