×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MOドライブ Fujitsu SMB-640WFS


Fujitsu製のMOドライブです。
『MOマウント出来ない』という品を2台と『MO読み取れない』という品を1台、計3台を入手しました。

※上の2台が修理済みです。

『MO読み取れず』の方は、ピックアップが逝っている可能性があるのでこちらを部品取り用にして、『MOマウント出来ない』の2台を修理することにしました。

早速、カバーを外して見たところ、中の金属板が曲がっていました。

既に、誰かが分解した事があるようです ○| ̄|_

電源基盤や変換基盤を取り除くと、写真の様にいたって普通の内臓MOドライブが出てきます。

上に乗っている基盤にフレキケーブルが3本繋がっていますので、切らないように慎重に取り外します。

その後、ネジ5本を外すと上の基盤が外れます。

基盤が乗っていた部分の下の金属板を外します。

ネジ4本を外せば簡単に外れます。
が、金属板にコイルが付いていますので(写真の赤丸部分)、コレを切らない様に慎重に写真右側に倒します。

と、ココで ( ゚Д゚)マズー な物を発見しました(写真の赤丸部分)。

何かのスプリングでした。

そこで、『MO読み取れない』の方のドライブを分解して、メカを比べる事にしました。

先ほどのスプリングは、MOメディアのシャッターを開ける為のメカの物のようでした。

ですので、ピックアップが逝っている方のメカを参考に組み上げました。
(写真が正常なメカの物です。)

結局、『MOマウント出来ず』の2台は、同じ箇所が原因でした。まあ、見るからに脆そう・・・。

富士通さん、これってやっぱり、設計ミs うわ、なにをする (ry